メニューを開く
連載

派遣で営業職につくメリットとは?スタッフの声を聞いてみよう!

今回は、派遣での「営業職」について取り上げます。やる気さえあれば未経験からスタートできる営業職は人気の職種のひとつ。

また、高収入を得たいという方にとっても魅力的な職種なのではないでしょうか。そこで、派遣での営業職のメリットや活躍中の先輩の体験談も併せてご紹介します。

はじめまして。富山県、石川県、愛知県で人材派遣サービスを提供しているCUBEです。
「CUBEのハケン塾」ではワークライフバランスを加味した就業が実現できる派遣という働き方について詳しく解説しています!
 
営業職と一口に言っても、その内容は多岐に渡ります。そこで営業職の仕事内容や求められるスキルから、派遣で営業職として働くことのメリットまでを詳しく述べていきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

営業職って?

仕事内容は?

まず、営業職の仕事の最大の目的は「顧客が抱えている課題の解決」です。そのために、自社のサービスや製品を紹介し契約や販売につなげていくのが主な仕事です。

初めての顧客を相手にする「新規開拓営業」や既存顧客をフォローして新たな契約やニーズを獲得する「ルート営業」、電話を通して顧客にサービスや商品をアピールする「電話営業」など、そのジャンルも多岐に分かれています。

また、サービスや商品を販売する営業の仕事から、マーケティング調査まで、業界や企業によって仕事内容は幅広いですし、対象が法人か個人かによってもその手法はさまざまです。

いずれにしても、顧客の要望に臨機応変に応えながら柔軟な姿勢で、課題の発見や解決を進めていくことが大切である一方、ほとんどの場合、未経験からスタートできるのも魅力です。ノルマがない仕事もあるので、興味を持ったら、まずは、コーディネーターに相談してみることをおすすめします。

 

求められるスキルは?

営業職そのものに関しては、特に資格は必要なく未経験からでもスタートできますが、備えておくとよいスキルがいくつかあります。まずは、「コミュニケーション能力」です。さまざまな交渉をする上でも、「相手の話の意図をくみ取る」、「相手に自分の意思を伝える」ということは必要不可欠です。

相手との信頼関係を構築していくなかで、そういったコミュニケーション能力を備えている方がより仕事をスムーズに進めていきやすい場合が多いです。

次に「傾聴」です。相手のニーズや困っていることを聞き出し、よりよいサービスや商品を提案するためにも相手の話にしっかりと耳を傾け、理解しようとする姿勢や思いを聞き出すヒアリングの力もまた営業職に必要なスキルだと言えるでしょう。

そうやって「コミュニケーション力」と「傾聴」の二つから相手の課題を見つける「課題発見力」もまた、営業職には欠かせないスキルです。表面に見えている課題だけでなく、顧客自身も気づいていない潜在的な課題を掘り起こすことで新たなニーズの発見となり、ビジネスチャンスにもつながります。

 

営業職の中でも分類がある?

同じ営業職でも働き方もさまざまです。まず、「新規開拓営業」や「ルート営業」のようにいわゆる「外回りの営業」では、取引先へのアポイント取りから訪問までをおこなうことが多く、特に新規開拓営業の場合は、直接企業や個人宅に訪問する飛び込み営業がある場合もあります。

一方、「テレマーケティング」などは、電話を使った営業手法でオフィスのなかで、企業や個人に電話をかけてセールスをおこなうのが特徴です。ほかにも、自社の商品の売上UPを図るために、販売店舗を訪問し、販促物設置や新商品の提案、売場のメンテナンスをおこなう「ラウンダー」などがあります。

同じ職種でも自分の適性や希望に応じて、さまざまなフィールドで働き方がバラエティーに富んでいるのも営業職の醍醐味でもあります。

 

派遣で営業職につくメリット

コーディネーターから会社の風土を聞ける

営業職をいざ始めようと思ったとき、「どんな営業方法なのか?」、「ノルマはきついのか?」、「会社の気質や体制はどうなのか?」か、不安に思うことも多いはず。

事前に知っておきたいことだけど、それを面接時に聞くのは、なんだか憚られるのではないでしょうか。特に未経験の場合はなおさらだと思います。

その点、派遣で営業職を始める場合では、事前にそれらの不安な点をコーディネーターに聞くことができ、実際に働き始めてから「思っていたのと違っていた!」となりづらいのがメリットのひとつです。

しっかりと内容を精査して、自分に合った職場を選べるのも派遣ならではです。

 

様々な業界を経験することができる

おそらく、ほぼすべての業種や企業の経営活動において「営業職」というのは欠かせない存在です。つまり、営業職が活躍できる分野は幅広く多岐に渡るということ。

しかも、業界や業種が違っても「サービスや商品を売り込む」という行為自体は変わりませんので、異業種への転職もしやすい職種と言えます。

「さまざまなビジネスモデルを経験してステップアップしたい」「将来、独立して起業するために」などその目標や目的に応じて営業スキルを身に付けるために営業職を選ぶ方も多く、そういった観点からも派遣の場合は、よりコンスタントに違う業界・業種を経験することができるので有利となるでしょう。

 

派遣会社が会社と自身の緩衝材になってくれる

派遣の場合、業務範囲があらかじめ決められており、一部の付帯業務を除いては、その裁量を超えた仕事は原則しなくてもよいことになっています。なので、サービス残業や、厳しすぎるノルマなどは皆無です。

また、仕事で悩みが生じてもコーディネーターがサポートしてくれますので心強いはず。会社との交渉事や問題も派遣会社が必ず間に入ってくれるので安心して働けるのもメリットだと言えます。

困ったことや不安に思うことがあったら気軽に何でもコーディネーターに相談してくださいね。

 

CUBEスタッフさんの事例

ここで、実際に働くCUBEスタッフさんの事例をみてみましょう。

 

経験を活かして働くSさん

通販サイトの会社でWEBやIT関連のスキルを持つSさん。年収UPを目指して転職を決意しました。何社か面接に行きましたが納得できる企業に出会えず、悩んでいたときに、CUBEの有料職業紹介の求人を見つけ応募。

Sさんが求めていた以上のよりよい条件で、正社員として転職し、知識と経験を生かしながらWEB制作会社の営業として活躍しています。

 

未経験でスタートしたTさん

元小学校教諭のTさんは、子供の教育をもっと違う角度からサポートできないかと考え、転職活動をスタート。以前から興味のあった営業職を目指していましたが、未経験だったこともあり、CUBEに相談にいらっしゃいました。

営業未経験者歓迎の企業の中から、自身の教育に対する理念や理想に近い教材販売の企業で派遣社員として働き始めました。現在は、充実した日々を送りながら、正社員を目指してがんばっています。

 

まとめ

いかがでしたか?同じ営業職でも業種や販売するサービスや商品によって、その仕事内容もさまざまです。未経験歓迎の企業も多く、やる気さえあれば誰でもチャレンジすることが可能です。

「誰かの役に立ちたい」、「人の相談に乗るのが得意」、「とにかく稼ぎたい」など希望や目的に合わせて、自分に合った仕事を見つけてくださいね。その際には、バックアップ体制バッチリの派遣という働き方で営業職を始めてみるのもおすすめです。
 
CUBEでは働きたい方に寄り添って、お仕事探しをサポートします。 
ぜひお気軽にご相談下さい。